スポンサードリンク




顔のテカリを治す方法 その2

 顔のテカリを抑制するミラクルアイテム。

 顔のテカリは中性脂肪のせい。皮脂の出方をビタミンB2がコントロールし
てくれますが、このビタミンB2への強力な助っ人というべき、植物があります。
  
 クミスクチン

 沖縄の三大薬草のひとつといわれるクミスクチンは、ロズマリン酸という
ポリフェノールを含みます。
 このロズマリン酸が糖類の消化を促進。ビタミンB2が糖類のせいで消費し尽くされる
ことがないようサポートしてくれるのです。
 また脂肪の吸着も防ぐので、皮脂そのものの生産も抑えてくれます。

 テカリにはクミスクチン!(* ̄∇ ̄)ノノ

顔のテカリを治す方法

 テラテラに光ってしまった肌
 せっかくの美貌にちょっと、ひなびた印象を与えてしまいますね。

 皮脂がやたらと出るのは、中性脂肪が多いせい。
 本来、皮膚の表面を防護して保湿してくれる大事な皮脂ですが、
血液中の中性脂肪が多すぎると、過剰に作られ、テカテカ肌になってしまうのです。

 中性脂肪は甘いものの食べ過ぎから。

 食事中の糖分が多すぎると、腸でうまく消化されません。糖は血液中に
流れ込み、時間がたつと中性脂肪に。
 血液中の脂肪が多い高脂血は、テカリだけでなく、動脈硬化など重篤な病気
の原因にもなります。

 顔のテカリは食事などで中性脂肪に気をつけるほか、
 ビタミンB2でもおさえられます。

 ビタミンB2は皮脂の量をコントロールしてくれます。ビタミンB2が
じゅうぶんにあれば、皮脂が出すぎる心配がありません。

 しかし、ビタミンB2は糖分をたくさん摂りすぎると、そこで消費して
しまうので、やはり中性脂肪の面からも糖分を控えることが、テカリの予防策の
ようですね。

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。