スポンサードリンク




シワのないツヤ肌。自分の血小板で?!

シワ治療、スゴクすすんでいるんですね。

切らなくてもいいという、最新の美容医術の世界では


シワ治療に自分の血小板をいれちゃう?!

(゚∀゚)


昨日のたけしの本当は怖い家庭の医学、シミ、しわ、たるみ、お肌の
悩み一挙解決――で、やっていた切らないシワ治療。


シワの部分に自分の血小板を注射。

\(#><)/


なぜ、シワのばしに血小板を使うかというと

第一段階――シワの部分が血小板でのばされる

第二段階――血小板が集まると「傷ができた」とカラダが勘違いして

コラーゲンをふやす
(`∇´ )


自分の血小板なので副作用はナシということ。

注射はこわいけど、一回の治療で一年もつというから(ノ∀`*)心惹かれますナァ




スクワラン? スクワレン?

  美肌にイイといわれるスクワランオイル

  スクワランは天然の保湿成分です。
  深海サメの肝臓や、オリーブオイルなどに含まれています。
  それらから「スクワレン」という成分を取り出し、化学的に
  安定させたものが「スクワラン」。

  スクワランは人間の皮脂に近いので、肌への吸収がいい上に
  スクワラン自身の殺菌力が肌荒れのトラブルを防いでくれます。
  高い殺菌効果が、皮膚細胞を丈夫にし、皮脂の分泌を
  正常にしてくれるのです。

  スクワランは無色透明でベトつかず、驚くほど伸びます。
  肌の皮膚呼吸を妨げることもありません。みるみる浸透し、
  1分で毛細血管に達するというスピード。
   
  オリーブオイルをパックなどで使うと、髪にせよ
  顔にせよ美肌効果がてき面なのは、このスクワランのおかげ
  なのですね。

乾燥肌は、水を飲むことから

 シワの原因、乾燥肌。<(T◇T)>
 乾燥肌用のクリームを塗る前に、お水、飲んでますか?

 お肌の乾燥は、汗をかかなくてもおこります。肌呼吸などで
なにもしなくても絶えず、肌からは水分が蒸発しているのです。

 あまり汗をかいてなくても、水分を補給しないと、どんどん体から
水分が減って、お肌もカラカラに乾いて、乾燥肌になってしまいます。

 しかし、水はそのまま飲んでもあまり吸収されません。

 水を飲むコツはカリウムといっしょに摂ること。体内に水を
とどめてくれるほか、余分な水分を排出するはたらきがあります。

 乾燥肌、シワに悩んでいる時は
 水分の補給からはじめてみましょう。(* ̄∇ ̄)ノノ

乾燥肌にアボカド

 乾燥肌の原因はセラミド不足

 シワの温床、乾燥肌。<(T◇T)>
 セラミドは肌の細胞の間にある水のスポンジのような物質です。
 セラミドの数が減ると、水分は入れても入れてもどんどん蒸発。
角質層の深い部分まで乾燥し、地盤沈下して、お肌がくずれてしまうのです。


 乾燥肌を防ぐ――からだのセラミドを増やす食べもの

 セラミドを作るには、ビタミンFが必要です。ビタミンFをたっぷりふくむ
食品はアボカド。アボカドの実半分で一日の必要量をおぎなえます。

 生芋こんにゃくもセラミド豊富な食べ物。
 ほかの植物原料より7〜15倍のセラミドを含みます。

 乾燥肌が気になる季節。生芋コンニャク週間を作ってみては?

シワ対策、ヨーグルトで

 保湿にスゴイ効果

 シワ対策には、コラーゲンなど繊維を頑丈にするほか保湿も重要。ヽ(`Д´)ノ

 保湿に強力な効果を発揮するものがあります。

 ホエイ
 
 ヨーグルトのうわずみの部分です。
 ビタミン、たんぱく質、ミネラルなど栄養の多い液体です。

 何十年も乳搾りをしてきたおばあさんの手はピチピチの
シワしらず
 ――ホエイには、保湿効果、美白効果、抗酸化作用もあるのです。

 とくに保湿効果バツグン。ヨーグルトパックをする時はうわずみ部分を
 大事に使いましょう(* ̄∇ ̄)ノノ

 飲んでもカラダの中からうるおしてくれますよ。
 乾燥の季節、保湿のためにヨーグルトパック!

シワの原因

 目元にこまかいシワができる。
 つっぷして寝たら、顔にへんなアトがついてとれない。

 30過ぎると、シワなどの肌の不調にとまどってしまいますね。

 シワができる――肌の弾力がなくなってしまうのは、
真皮の中のコラーゲンやエラスチンといった繊維がほそく
弱くなっているため。

 ベッドのスプリングがほそく弱くなり、肌を押しあげてくれなく
なって、シワ、ということになってしまうのです。

 加齢でコラーゲンは弱くなりますが、紫外線のせいでさらに衰えに拍車。<(T◇T)>

「シワにはコラーゲン!」

 コラーゲンを頑丈にするには、食べものからコラーゲンを直接取り入れる方法。
 または、女性ホルモンがコラーゲン生成工場に指令して、コラーゲンを作るので
 女性ホルモンを増やすという方法があります。

 女性ホルモンを増やすには、大豆イソフラボンや亜麻の実、ライ麦パンのリグナンが
有効です。

保湿の特効薬――にがり

 乾燥はシワの大敵。
 乾燥する季節、肌の保湿に気をつかいますね。
  
 保湿の主役は肌のなかで水分を保っているセラミド。

 
 保湿成分セラミドの効果を最大限引き出すのはマグネシウムです。
 肌にマグネシウムが入っていくと、保湿成分セラミドがどんどん
増えるのです。シワ知らずの水分たっぷりの肌に。
 
 またマグネシウムは活性酸素をおさえる働きもあります。

 紫外線が肌に入ると、活性酸素が作られます。
 活性酸素は細胞を破壊し、シミやシワの原因に。
 
 しかし、マグネシウムはこの活性酸素を抑えてくれるので
シミやシワの予防になるのです。


「マグネシウムって何に入っているの?」


 マグネシウムはお豆腐を作るにがりにたくさん入っています。
 にがりを肌の上から吹き付けても、吸収してくれますよ。

 シワ予防ににがりで保湿! 


※ 食品として摂る場合は、クエン酸と摂ると吸収されやすいです。


目元のたるみには、眼精疲労解消から

目元のたるみが取れない

 若い頃はピンと張っていた目元が、なんとなく
うすぼけている。目元のハリがない……。

 目元のハリ、大事ですよね。
 目元にたるみがあると、全体的に老けた印象になって
しまいます。


 眼のまわりには眼輪筋という筋肉があります。
 この筋肉のたるみが、力のないにぶい目元の原因に。 
 
 この眼輪筋、疲れ目が続くとだんだん弾力が失われてしまいます。
疲れて筋肉が萎縮し、皮膚をおしあげる弾力性をうしない、ハリが
消えてしまうのです。

 たるみには眼精疲労を治すことから。

 眼精疲労にはアントシアニン。目の中の活性酸素から色素体ロドプシンを
守ってくれます。
 
 アントシアニンといえばブルーベリーですね。
 ブルーベリーもいいですが、ハスカップはその3倍から10倍の
アントシアニンがありますよ。

 目元はほかのパーツよりも大事
 たるみがとれれば、いっきょに若々しい印象が戻ってきます!


 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。