スポンサードリンク




体臭・口臭を消す方法カテゴリの記事一覧

体臭予防「お肌には弱酸性」のわけ

 体臭のモト
 汗に中にはアンモニアなどの物質があります。

 皮膚の表面の雑菌が汗の中の物質を食べて分解した時、
 におい物質――体臭が出るといわれています。

 しかし、
 弱酸性の肌の上では、雑菌が増えにくい。体臭を発生
させにくくなります。


 では、皮膚を弱酸性にするのに簡単な方法は、

 酢風呂。

 お風呂に少量のお酢を入れる。
 杯に1、2杯でじゅうぶんです。

 お酢を入れることでお湯が弱酸性になり、菌をふせぎます。
 さらに、クエン酸が乳酸をおさえてアンモニア臭も消えます。

 体臭防止に酢風呂!ヽ(`Д´)ノ

 お酢は黒酢や醸造酢などクエン酸の多いものがいいようです。

口臭は便秘のせい

 体臭はからだの調子を表しています。
 糖尿の人は甘酸っぱいにおいがします。
 胃が悪い人は腐臭がします。

 食べものは、腸から吸収され、肝臓におくられ、栄養と老廃物にせっせと
選り分けられます。
 この時、不要なニオイ成分も選り分けられ、体外に出され行くはず……
なのですが。

 腸と肝臓が弱っていると、この分別作業がうまくいきません。

 すると、ニオイ物質も血管に流れ込んでいきます。
 血管は全身をめぐり、体中にニオイ物質がかけめぐり、汗になり、

「体がくさい」

 ということに。
 それが肺に到達すると、吐く息にまじって

「息がくさい」

 ということになってしまうのです。 


 口臭予防には腸と肝臓を守ることが大事。


 肝臓を守るにはF−フコイダンが有効。肝細胞を強くし、
腸肝循環を元気にする力があります。

 さらに腸の中をキレイにすることも重要。

 これらを兼ね備えた調度いい、口臭予防にてき面の効き目を
もたらす食材がメカブ。

 メカブには肝臓を丈夫にするF−フコイダンがたっぷり。また
アルギン酸という食物繊維が豊富で、腸のなかでゼリー状になり、
ニオイ物質を包み込んで体外に排出してくれます。

 メカブ一週間食べつづけて体臭がかなり改善されるそうですよ。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。