スポンサードリンク




抜け毛にニンニク

 抜け毛にも効いた!(゚∀゚)

 ある方が肌荒れに悩み、にんにくもろみを食べるよう
すすめられました。背中から粉を吹いたようにカサカサだった肌が
にんにくもろみを食べてから、すっかり解消。以前より肌がつややかに
なったほど。

 この方は次に

「肌荒れに効いたのだから、頭にも効くのでは?」と考えました。

 抜け毛がひどくなり、すぐに大量のフケが出て困っていたのです。

 シャンプーの空いた容器に水を入れ、ニンニクもろみをスプーンで2杯ほど
投入。リンスのように髪になじませました。

 すると、見事、一週間でフケが出なくなり、抜け毛が少なくなったとのこと。
髪もつややかになったそうです。

「食べてもいたので、体の中からも効いて、効果が早かったのかも」


 髪にニンニクのにおいが残ることはないそうです。



【ニンニクもろみ】

@ にんにくを1キロ、すりおろすかジューサーにかける

A ガーゼでしぼってニンニク汁をとる

B ニンニク汁をなべにいれ、50〜70度に温める

C 熱湯消毒した容器にいれ、最低一ヶ月は保存。


 強壮のために日にスプーン一杯飲んでもよし。
 肌荒れやニキビ、虫刺されにも効きます。

 肌や髪につける時は、0.1パーセントに薄めたものから調整して、
適量を探してください。


抜け毛対策に、ごま

 抜け毛にゴマが効く理由

 女性も薄毛は悩みですよね。
 女性に抜け毛の悩みはないという思い込みがあるだけに、よけいショックを受けてしまいます。

 抜け毛にはごまの豊富な栄養素。

 よくごまが抜け毛にいいといいますが、故のないことでは
 ありません。

 ごまには健康な髪を作り、成長をうながすビタミンB2
あります。ビタミンB2が不足すると、髪の成長が止まり、
艶とコシのある髪を保てなくなってしまいます。

 また、ゴマに含まれる亜鉛も新しい細胞を作るためには
大事な栄養素。亜鉛が不足すると、髪や皮膚はもろ影響を受け、
脱毛やかさつきの原因に。

 さらにゴマに含まれるはメラニン色素の生成にかかわる
栄養素です。メラニン色素が髪を黒くしてくれるのです。

 また頭皮の血行をよくするビタミンEなどなど。

 サプリでこれだけとったら大変ですね。
 ごまを食事にふりかけて、抜け毛にストップをかけましょう。

※ ごまは食べる直前にすると一番、効果的に栄養を摂れます。

白髪をストップさせるには

 白髪の原因

 白髪の原因は、毛根にあるメラノサイトが髪の黒い色を
作り出せなくなることにあります。

白髪は毛根の老化現象ですが、メラノサイトはすべて死に絶えた
わけではなく、まだ蘇生する休眠中のものも残っています。


 白髪の改善

 この休眠中のメラノサイトを呼び覚ます食べものがあります。

 黒ごま。
 黒ごまはメラノサイトを活性化して、白髪を防止してくれる作用が
あります。

 また、ごまには抜け毛をふせぐ栄養素が豊富。
 白髪と同時に薄毛にも効果が期待できます。

フケの原因

 フケの原因のひとつにカビがあります。

 空気中には目に見えないカビがただよっています。
 カビは空気とともに吸い込まれると、のどの痛みや鼻水などの粘膜の炎症を 
引き起こします。
 また肌につけば肌荒れのもとに、頭皮につけばフケの原因になってしまうのです。

 カビは皮脂が大好き。
 頭皮に集まりすぎたカビは角質細胞を刺激します。
 すると、新陳代謝のサイクルが異常にはやまり、フケが大量発生する結果に。

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。