スポンサードリンク




危険! コラーゲンがこわれる!

「お肌のため、コラーゲン摂ってるの」

 といいながら、甘いものを食べ過ぎていませんか。 

 甘いものの摂りすぎはコラーゲンを破壊します。
 糖分が血液中に増えすぎると、コラーゲンに結合して
血管がもろくなります。
 お肌のハリだけでなく、コラーゲンでできている血管もボロボロに。
 
 体内にコラーゲンを増やすにはどうしたらいい?

 コラーゲンは食べたらそのまま血管や肌になってくれるわけでは
ありません。
(゚∀゚)
 体内で一度、分解され、再合成されます。
 この合成能力は年齢とともの衰えてしまうのですが……。

 オリウロペインという物質がこの合成能力をカバーしてくれます。
さらに、出来たコラーゲンのパワーアップ。
 吸収のいいコラーゲンといっしょにオリウロペインを摂ると
効率よくコラーゲンを作り出すことができますよ。

 このオリウロペインはオリーブの葉っぱ、オリーブ茶にたっぷり
含まれています。

 カレイやうなぎなどでコラーゲンを食べたら、食後にオリーブ茶で
サポート♪

おうちでタラソテラピー

 かつて某健康番組で、カンタンにできるタラソテラピー・パックを紹介していました。

 タレントが肌の上に乗せてちょっとしただけで、テレビで見ても
 はっきりと色が白くなっていてビックリ。

 それはコンブのパックでした。

 ある工場で出汁をとった昆布が余るので
捨てるに忍びず、コンブパックを作ったところ、工員の女性たちが
どんどん美肌に。

 作り方はすごく簡単です。

タラソテラピー・パック

@ コンブを煮て

A ミキサーにかけ

B オリーブオイルを少し加える


 冷凍しておけば、お風呂のたびに使えます。
 高いタラソテラピー用のパックを買わなくても十分、肌に栄養が
浸透しますよ。

美肌を作る干しシイタケ

「最近、肌荒れがすぐ治らない」

 人間の免疫力は20代をピークに低下する一方。
 年齢をかさねるごとに、肌荒れを起こしやすくなり、治りも
遅くなってしまいます。

 肌の新陳代謝には、キレイな血液が重要です。
 流れのよいキレイな血液が酸素と栄養をせっせと運び、肌の
代謝をととのえ、きちんと28日で新しい肌に生まれ変わらせて
くれるのです。

 しかし、ストレスや甘いもの、便秘などで血液はいつでも
サラサラとはいきません。

 そこで血液をキレイにお掃除してくれるのがハナビラタケに
入っているβ−グルカン


 β−グルカンが血液中に摂り込まれると老廃物を追い出して、
血流をスムーズにしてくれます。
 コラーゲンを作る場所を刺激して、大量のコラーゲンを作らせる
力もあり
、美肌にはスタミナ栄養成分なのです。

 β−グルカンはハナビラタケにもっとも多く含まれていますが、
キクラゲ、干しシイタケでも代用できます。

毛穴の開き対策はやっぱり

顔のくすみは毛穴の開きが原因

毛穴、大丈夫ですか?

皮脂を分泌する皮脂腺は中高年になるとちぢみます。
この時、毛穴が角質異常を起こして硬くなっていると
角質が毛穴に引き込まれ、結果、毛穴が大きくひろがってしまいます。

毛穴が広がると、顔全体がくすんだ印象になってしまいます。(T-T)

この角質異常をおさえるためには、正しい肌の新陳代謝が
必要。

しかし、からだの不調はすぐお肌に出るもの。
ストレスや紫外線、新陳代謝の邪魔は多いですよね。

肌の新陳代謝を高めるのに有効なのがγ−リノレン酸
上からつけるだけでも、角質異常に抜群の効果を発揮して
くれます。
大人ニキビなど肌のトラブルもバッチリ。

γ−リノレン酸は海藻などにちょびっとしか入っていない貴重な
成分です。
しかし、
このγ−リノレン酸がたっぷり入っているのが
ローズヒップオイル

ローズヒップオイル1〜2滴には
わかめ6キロ分γ−リノレン酸が入っています。


ローズヒップオイル二週間つけて毛穴が引き締まり、
キメこまやかな肌になった人も!

通称ビタミンCの爆弾でもありますから、風邪予防にもいいですよ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。