スポンサードリンク




水溶性食物繊維と不溶性食物繊維?

 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維、どうちがうの?

 食物繊維には水に溶けるタイプとそうでないタイプがあります。
 水に溶けるタイプ、水溶性食物繊維は、もずく、昆布、みかん、りんご。
 
 水溶性食物繊維は、おなかの中でドロドロに溶けて、
脂質や糖質をゲル状になってくるみ、腸から過剰に吸収される
ことをふせいでくれます。
 さらに善玉菌のエサにもなり、腸を若返らせる効果も。

 一方、不溶性食物繊維は
 ゴボウ、さつまいもなどの根菜類、寒天、大豆、きくらげなどいろいろ。
 
 不溶性食物繊維は腸を刺激して、動きを活発に。便通をスムーズにして
くれます。さらに水分を吸収してふくらむため、食べ過ぎの防止にも。

 どちらも腸をすこやかに保つのに大切な食物繊維です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。