スポンサードリンク




乳酸菌の含有量がプーアル茶の23倍

 乳酸菌はなぜ、腸にいいの?

 「腸のために乳酸菌をとりましょう」

 ヨーグルトの宣伝でよくいわれますが、乳酸菌はなぜおなかに
いいのでしょう。


 わたしたちの腸の中には100種類もの細菌がいます。その中で
善玉菌といわれるものに乳酸菌やビフィズス菌があげられます。

 乳酸菌は腸の中で酸を作り、腸を刺激。運動を活発にして便の
排出をスムーズにしてくれます。

 便がうまく出ると、体に毒素がたまらず、血もきれい。酸素が
うまく運ばれ代謝のいい体になります。


 一方、悪玉菌はウォルシュ菌や大腸菌。悪玉菌が増えると腸が動き
にくくなり、便秘がちに。
 血が汚れ、代謝の悪い太りやすい体になっていきます。

 それだけではなく、体に有害なアンモニアなどが腸の中に長く滞在し、
腸から吸い込まれて、体を汚染。ニキビや吹き出物、果てはガンなどの原因に
なってしまうのです。

 美肌と健康のために、おなかの中に乳酸菌。

 碁石茶は乳酸菌含有量プーアル茶の23倍。
 10日飲み続けて、腸年齢が60歳から22歳に若返った人も!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。