スポンサードリンク




不眠!? ぐっすり眠るには

 寝てもすっきり、疲労感がとれない。
 朝、しゃきっと元気がわかない。

 不眠症というほどではないとしても
 それはうまく眠れてないのかもしれません。

 自律神経は、起きている時に「交感神経」寝ている時に
「副交感神経」が働くようになっています。

 しかし、このスイッチの切り替えがうまくいかないと問題。

しだいに脳に疲れがたまり、寝てもぐっすり眠れない、
起きても疲労感がとれないという状態になってしまいます。

 このスイッチの切り替えに大事なはたらきをするのが

「アセチルカルニチン」

 このアセチルカルニチンが減少すると、うまく切り替えが
できません。
 
 さらに、アセチルカルニチンはふだんの疲れでもどんどん
減少してしまいます。


「アセチルカルニチンを増やすにはどうしたら?」 


 アセチルカルニチンはアミノ酸のリジンとメチオニンで
作り出すことができます。
 このリジンとメチオニンを大量に含む食品は

 アマランサス

 白米の3倍以上の威力。
 100グラム中1000ミリグラム以上のリジン
 500mg近いメチオニンが含まれています。

 さらにカルシウムは白米の50倍

 ごはんにまぜて炊くだけで手軽に摂れます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。