スポンサードリンク




燃える脂肪とたまる脂肪 

 食べても体にたまらない脂肪 α−リノレン酸  

 油には、燃えてエネルギーになる油と、どんどん体にたまっていく
油があります。

 ふつうの油は分解されにくいので、体にたまりがち。
 油は炭素のつながりなのですが、これが長いと酵素が分解しようと
してもなかなか切れないのです。

 このつながりが切れやすい油があります。
 α−リノレン酸はほかの油よりも、酵素が分解しやすいので
どんどん燃えるのです。


 α−リノレン酸の含有量がもっとも高い油はエゴマ油
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。